2018.6.28 05:04(1/2ページ)

ポーランド戦実況のフジ西岡孝洋アナ「すべての想いを込めたい」

ポーランド戦実況のフジ西岡孝洋アナ「すべての想いを込めたい」

サンケイスポーツに高ぶる思いを吐露した西岡アナ

サンケイスポーツに高ぶる思いを吐露した西岡アナ【拡大】

 俳優、西田敏行(70)が、28日にサッカーW杯ロシア大会で1次リーグ突破をかけたポーランド戦に臨む日本代表にエールを送った。フジテレビ系生中継で実況する西岡孝洋アナウンサー(42)も気合を入れている。

 試合開始は日本時間28日午後11時。W杯の日本戦実況に初挑戦する西岡アナがサンケイスポーツに高ぶる思いを吐露した。

 「今の日本代表は相手チームに対し、球際に負けず、ハートで負けず、逆境に負けない強さがある」と3つの“ないないづくし”を指摘。「長年見たかったあるべき姿の全てを持っています」と全幅の信頼を寄せる。

 2011~15年までスポーツ番組「すぽると!」のメインキャスターを務めるなど入社21年目の実力派アナは、W杯の実況は06年から担当。今回は開幕前日の13日に現地入りし、15日のエジプト-ウルグアイも担当。国際大会の豊富な実況経験に裏打ちされた的確な描写力と、歯切れのよい声に定評がある。

 アナウンサーを目指したきっかけは高校生だった1993年に日本代表がW杯出場を逃した「ドーハの悲劇」。テレビ観戦しながら、自分の言葉でスポーツの厳しさ、素晴らしさを伝えたいと願った。「日本代表は私の人生を変えた存在。今回の実況にすべての想いを込めたい」と誓い、日本戦初実況で自身も“白星”を狙う。

【続きを読む】

  • W杯・日本戦の視聴率トップ10
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ポーランド戦実況のフジ西岡孝洋アナ「すべての想いを込めたい」