2018.6.27 19:04

金正男氏殺害事件「真犯人は北朝鮮の人間」 弁護側意見陳述

金正男氏殺害事件「真犯人は北朝鮮の人間」 弁護側意見陳述

特集:
金正男氏殺害事件

 マレーシアで昨年2月に起きた北朝鮮の金正男氏殺害事件の公判は27日午後も首都クアラルンプール近郊の高裁で続き、殺人罪に問われたベトナム国籍のドアン・ティ・フオン被告(30)の弁護側は「真犯人は北朝鮮の人間だ」と意見陳述し、改めて無罪を訴えた。

 検察側は28日にも、殺人罪の適用を求めて意見陳述する見通し。弁護側は「いたずら番組の撮影と思っていた」と一貫して無罪を主張しており、双方の意見は全面的に対立している。

 フオン被告の弁護側は、被告は正男氏と面識がなく殺傷する動機もない上、北朝鮮の男に手に塗られた液体が死に至る危険な化学兵器とは知らなかったとして、男らに利用されただけだと主張した。

 マレーシア当局は北朝鮮に捜査協力を要請しておらず、弁護側は捜査を「粗雑」と批判。「本当に北朝鮮の男らを裁きにかける気があるのか」と疑問を呈した。

 これに先立ち、同じく殺人罪に問われたインドネシア国籍のシティ・アイシャ被告(26)の弁護側も意見陳述で、検察捜査は状況証拠によっており、多くの疑問を残したままだと非難した。(共同)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 金正男氏殺害事件「真犯人は北朝鮮の人間」 弁護側意見陳述