2018.6.25 19:08

渋谷すばる、カンテレ「関ジャニ∞のジャニ勉」最後の収録

渋谷すばる、カンテレ「関ジャニ∞のジャニ勉」最後の収録

 12月末でジャニーズ事務所を退社する関ジャニ∞の渋谷すばる(36)が25日、大阪市北区のカンテレで、グループの冠番組である同局「関ジャニ∞のジャニ勉」(水曜深夜0・25、関西ローカル)の最後の出演となる7月4日放送分(この日は深夜0・30)の収録に臨んだ。

 関ジャニ∞にとって最長となる、放送開始から丸11年を迎えた長寿番組。通常はゲストを迎えるが、今回は「関ジャニ∞のジャニ勉 特別編~あおっぱなでも前向きに元気がでちゃうSP!~」と題し、メンバー7人だけのスペシャルバージョン。

 収録ではVTRや年表を見ながら11年を回顧。「俺らのアルバムみたいな感じやん!」(錦戸亮)、「これだけやってきて振り返ったことないもんね」(横山裕)、「珍しいな。ジャニ勉が僕らのことを褒めてくれるなんて(笑)」(大倉忠義)、「ちょっとこういうの恥ずかしいな(笑)。すげ~な! おもろ~!!」(渋谷)、「スタッフ! もっとええとこあったはずやろ(笑)」(村上信五)。

 収録前には「ひとり一人とチューはしたいなと思ってるんですけどね(笑)。ちょっと色んな思いを込めて。それぐらいの気持ちで」とオチャメに語っていた渋谷。

 「やっぱり特別というか。テレビ局の実家感みたいな。でも、それだけじゃない…常に、その時の自分らをちゃんと成長してるかというか、厳しく見て下さってるような事も感じるから。そういう気持ちに対して、僕らが何をお返しできるかっていうような事をずっとさせてもらっていた」と番組への想いを語った。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 渋谷すばる、カンテレ「関ジャニ∞のジャニ勉」最後の収録