2018.6.23 05:03

【花組】明日海りお、格好良くお洒落に天草四郎演じる

【花組】

明日海りお、格好良くお洒落に天草四郎演じる

役柄に合わせてか、情熱的な赤色のブラウス姿で取材会に出席した明日海りお(兵庫県宝塚市、撮影・安元雄太)

役柄に合わせてか、情熱的な赤色のブラウス姿で取材会に出席した明日海りお(兵庫県宝塚市、撮影・安元雄太)【拡大】

 宝塚歌劇団花組トップスター、明日海りおが22日、兵庫県宝塚市で行われた花組公演「MESSIAH(メサイア)-異聞・天草四郎-」(7月13日~8月20日、兵庫・宝塚大劇場)の取材会に出席した。

 江戸幕府によりキリスト教の信仰が禁じられる中、1637(寛永14)年10月に起きた「島原・天草一揆」を題材とする物語。明日海は主人公である一揆の総大将、天草四郎時貞を演じる。四郎の資料が少ないため、作・演出の原田諒氏が「海賊」という設定を加えたオリジナル作品だ。

 《四郎が天草に流れつき、イエスの教えや人々の温かさを知って、苦しい状況下の彼らを救いたい思いが芽生える…》

 明日海は、天草四郎という実在の人物について「根幹にあるのは、人に対する熱い感情や愛情。信じる心が強い人かな」と思いをはせた。

 今回の舞台では、衣装や美術に現代的な要素をプラス。明日海は「かっこよくておしゃれ。私は赤い髪と衣装にブーツ。和装の幕府側と、いい意味で融合できたら」と力を込めた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【花組】明日海りお、格好良くお洒落に天草四郎演じる