2018.6.14 04:01

AAAが彩る吉岡里帆の「健康で文化的な最低限度の生活」 2度目のフジ系連ドラ主題歌

AAAが彩る吉岡里帆の「健康で文化的な最低限度の生活」 2度目のフジ系連ドラ主題歌

フジ火9ドラマの主題歌を歌うAAA。原作のファンというメンバーの日高(右から2人目)は大喜び

フジ火9ドラマの主題歌を歌うAAA。原作のファンというメンバーの日高(右から2人目)は大喜び【拡大】

 男女6人組ユニット、AAAが7月17日スタートのフジテレビ系ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(火曜後9・0)の主題歌「Tomorrow」を担当することが13日、分かった。

 AAAがフジの連ドラ主題歌を担当するのは、昨年10月期の月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」以来2度目。「健康で-」を制作する関西テレビの米田孝プロデューサーが「AAAさんは、努力を重ねてキャリアを積み上げてこられたからこそ、音楽に誰かの背中を押す力がある」とオファーした。

 ドラマは漫画誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載中の柏木ハルコさん(48)の同名漫画が原作。主演の吉岡里帆(25)が演じる新人ケースワーカーが、生活保護受給者の支援に奮闘する物語だ。

 「Tomorrow」は約3年ぶりとなるファン待望のバラード。大切な支えを失った喪失感を抱えながら、前向きに生きる姿を描く。米田Pは「ドラマが表現する人間の温かさや明るさ、その奥にある切なさの全てが詰まった曲。困難に直面しながらも前を向いて生きようとする人々への応援歌」と絶賛する。

 原作のファンというメンバーの日高光啓(31)は「このような形で関わらせていただけることをとてもありがたく思います」と大喜び。思い入れが強い作品だけに「生活保護は確実に僕の話で、あなたの話で、あなたの住む街の話。いろんな方に見ていただきたいです。僕たちの楽曲が少しでも力になれたらそんなにうれしいことはありません!」と話している。

  • 「健康で文化的な最低限度の生活」の1シーン。左から吉岡、井浦新、遠藤憲一
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. AAAが彩る吉岡里帆の「健康で文化的な最低限度の生活」 2度目のフジ系連ドラ主題歌