2018.6.7 09:00(5/5ページ)

【Road to Nissan】SAM、揺るがぬ信頼「東方神起にできないことはない」

【Road to Nissan】

SAM、揺るがぬ信頼「東方神起にできないことはない」

日産スタジアム、LED柱やビジョン

日産スタジアム、LED柱やビジョン【拡大】

 ゲート前広場やコンコースなど施設内の照明をLED化し、東西入場口の正面に大型ビジョン、コンコースの柱120本にそれぞれモニターを設置。フィールドの様子がどこにいても分かり、場内案内も見やすくなった。音楽興行の場合はモニターに映す映像を主催者に委ねているとし、当日は“東方神起色=パールレッド”になりそう。関係者は「会場のモニターも全てLEDになり明るく見やすい。音響も新しいスピーカーになって迫力あるクリアな音質で楽しめる」とPRした。

SAM(サム)

 1962(昭和37)年1月13日生まれ、56歳。埼玉県出身。15歳でダンスを始め、単身ニューヨークへ留学。1992年、TRFを結成し、93年に「GOING 2 DANCE」でデビュー。94年から「BOY MEETS GIRL」「CRAZY GONNA CRAZY」などシングル5作連続でミリオン突破し、同年から3年連続でNHK紅白歌合戦出場。ソロでは東方神起、V6らの振り付けやライブ演出を担当し、2004年には東京都内にダンススクールを開校。13日にメールマガジン「まぐまぐ!」で配信をスタートする。

★第3回は本人登場!

 8日の連載第3回は、東方神起のインタビュー。ユンホとチャンミンが、史上初となる3日連続・22万人動員の日産スタジアムライブに対する思いを語る。「今度の日産は満喫したい」と2人の瞳はキラキラ!

  • 東方神起のツアーを長く担当してきたTRFのSAM
  • 「BeginAgain」のドーム公演では、高さのあるムービングステージが前後左右に移動した=京セラドーム大阪(1月21日撮影)
  • ユンホ(右)とチャンミン(左)の体力はアスリート並。13年の日産スタジアムでも、だだっ広い会場を走りまくった
  • 日産スタジアム、トイレ
  • 日産スタジアム全景
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【Road to Nissan】SAM、揺るがぬ信頼「東方神起にできないことはない」