2018.6.7 09:00(3/5ページ)

【Road to Nissan】SAM、揺るがぬ信頼「東方神起にできないことはない」

【Road to Nissan】

SAM、揺るがぬ信頼「東方神起にできないことはない」

ユンホ(右)とチャンミン(左)の体力はアスリート並。13年の日産スタジアムでも、だだっ広い会場を走りまくった

ユンホ(右)とチャンミン(左)の体力はアスリート並。13年の日産スタジアムでも、だだっ広い会場を走りまくった【拡大】

 本番を楽しみにするファンを考慮しながら、「日産スペシャルなのでセットリストは変わっています。季節のこともあるし…なくなる曲もあれば新しく加わる曲もある」とギリギリのリップサービス。「2人の体力はすごい。あれだけ歌って手を抜かずに踊ってバテる感じがない…あ、今回、もっと走らせようかな」と冗談を言って笑った。

 巨大スタジアムに集う7万人を一体化させる秘策はあるのか。「ある意味、2人自身が最大の武器、一番の演出かな。身長が高く、歌えて踊れて、動いても止まっていても絵になる。世界にもいない存在。2人にできないことはないので、僕は2人がどういうことをしたらお客さんが喜ぶかの視点で考えている」と、観客が可能な限り2人を身近に感じられるように腐心している。

 今年1月のビギアゲツアーの最終日、ユンホとチャンミンは、裏方のスタッフを場内に呼び出し、ステージの大スクリーンに映し出した。

 「あれは『画面にスタッフを映したい』という2人からの発案だった。スタッフたちは、自分は裏方で日の目をみることがないと思っているから、本当にうれしかったと思う。2人は『スタッフあっての自分たち』と常に意識しているから、スタッフもその気持ちをくんで本番に臨み、うまく回っていくんです」

 準備は万端、チームの絆も強い。あとは、オープニング曲の前奏が鳴り出すのを待つのみ。「心配があるとすればお天気のことだけ。皆さんもてるてる坊主を作ってください!」。

【続きを読む】

  • 東方神起のツアーを長く担当してきたTRFのSAM
  • 「BeginAgain」のドーム公演では、高さのあるムービングステージが前後左右に移動した=京セラドーム大阪(1月21日撮影)
  • 日産スタジアム、トイレ
  • 日産スタジアム、LED柱やビジョン
  • 日産スタジアム全景
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【Road to Nissan】SAM、揺るがぬ信頼「東方神起にできないことはない」