2018.6.5 10:00(2/2ページ)

【関西レジェンド伝】天童よしみ(4)「道頓堀人情」で紅白初トリ

【関西レジェンド伝】

天童よしみ(4)「道頓堀人情」で紅白初トリ

特集:
関西レジェンド伝
「道頓堀人情」でついにブレイク。地道なキャンペーンが実を結んだ

「道頓堀人情」でついにブレイク。地道なキャンペーンが実を結んだ【拡大】

 デビュー間もない頃から応援してくださっていたやしきたかじんさんも、天童を紅白に出すぞと、ご自身の「新・たかじんが来るぞ!」(MBS)という番組で「天童よしみの目指せ紅白出場」というコーナーを2年以上も続けてくださっていたんです。私はウサギの着ぐるみを着て大阪の街中を走ったりして、これがきっかけで若い人にも覚えてもらえるようになってきました。

 93年の8月、米ロサンゼルスの「ニセイ・ウィーク・パレード」(二世週日本人祭)に招待していただき、その年の1月に出した「酒きずな」を歌いました。日系二世の方々でもカラオケは人気で、会場もすごい熱気。そこで「今年は紅白に出ます」と言ってしまったんですね。

 そうしたら、その年に紅白に初出場。デビュー21年目でした。たかじんさんは、私以上に泣いて喜んでくださった。ずっと「俺の歌を紅白で歌ってくれ」と言っていたので、たかじんさんが亡くなった2014年の紅白で「やっぱ好きやねん」を歌ったときはうれしかったです。

 ただ、初めての紅白の後、3年出られなかったんです。父の義行が落胆しましてね、私としてもここがいちばん厳しかった時期でした。紅白に出るのが目標だったけど、一度出た以上、毎年顔を出すのが恩返しなのかなと悩みましたね。父とも「『道頓堀人情』のイメージで突っ走ってきたけど、ここでイメージチェンジできたらいいな」と話していました。そんなときにいただいた曲が「珍島物語」です。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【関西レジェンド伝】天童よしみ(4)「道頓堀人情」で紅白初トリ