2018.6.3 18:02

金正恩氏の宿泊費、誰が負担? 米朝首脳会談で調整難航 ワシントン・ポスト報じる

金正恩氏の宿泊費、誰が負担? 米朝首脳会談で調整難航 ワシントン・ポスト報じる

特集:
北朝鮮問題

 12日に再設定された史上初の米朝首脳会談で、金正恩朝鮮労働党委員長ら北朝鮮側のシンガポールでの宿泊費をどう負担するのかを巡り調整が難航していると米紙ワシントン・ポストが3日までに報じた。

 同紙によると、北朝鮮側は川沿いにある超高級ホテル「フラトンホテル」での宿泊を希望しており、スイートルームは1泊6000ドル(約66万円)以上。外貨不足に悩む同国は関係国による支払いを望んでいるという。

 米側は拠出に前向きだが、米国との対等な関係をアピールしたい北朝鮮が「屈辱」と受け取る恐れがあることから、開催地のシンガポールが負担する案も浮上している。米国務省は金氏一行の宿泊費負担を否定、「他国にも要請していない」とコメントしている。

 シンガポールではヘイギン米大統領次席補佐官と、北朝鮮のキム・チャンソン国務委員会部長が首脳会談の事務的な課題を協議。(共同)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 金正恩氏の宿泊費、誰が負担? 米朝首脳会談で調整難航 ワシントン・ポスト報じる