2018.5.29 10:00

娘の寝顔に救われる仕事と育児両立の悩み

娘の寝顔に救われる仕事と育児両立の悩み

特集:
女子社員コラム 言わせて系

 【女子社員コラム 言わせて系】娘が生まれてもう少しで1年を迎える。あっという間にも思えるが、大変なのは改めて言うまでもない。結婚しても自分のペースはあまり変わらなかったが、娘が生まれれば、そういう訳にもいかない。大変だが寝顔にコロリとだまされる。赤ちゃんはずるい。

 母親になった今の最大の悩みは、仕事と子育ての両立だ。昔のように仕事をしたくても、環境がそれを許してくれない。保育園には奇跡的に入れたが、毎日お迎えの時間との戦い。家に帰ってからは山のようにやることがある。しかもつたい歩きをしては豪快に転ぶ0歳児が相手となれば、いくら時間があっても足りない。

 午後7時半、娘を布団に連れて行き、眠るまで一緒に横になる。天井を見ながらようやくホッと一息つき、そのまま寝てしまうこともある。慌てて起きると、横には娘の寝顔が。親ばかだがこの顔に癒やされ、頑張ろうという気持ちがわいてくる。やっぱり赤ちゃんはずるい。

 ひとつ思うのはなぜ娘は夫と私、2人の子供なのに、毎日のお迎えなど娘の世話の多くは私がしているのか。夫は育児休暇を取ることはなく、帰宅時間も遅い。戦力にほぼならない。もし月の半分でもお迎えを夫がしてくれたらと思うことは多々ある。なぜ女性ばかりが時短勤務を強いられ、男性は今まで通り働けるのか。

 この構造を変えなければ、日本女性の社会進出は進まない。誰もが分かっていることなのに、一向に改善される気配がない。実母の助けと会社の理解に助けられているラッキーな私ですらもんもんとするのに、周りのママはどうしているのか。娘の寝顔がなければ、やってられない。(角かずみ)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 娘の寝顔に救われる仕事と育児両立の悩み