2018.5.28 21:20

勝間和代さん、涙で同性愛を生告白「好きな人がたまたま女性だったと解釈してほしい」

勝間和代さん、涙で同性愛を生告白「好きな人がたまたま女性だったと解釈してほしい」

勝間和代さん

勝間和代さん【拡大】

 経済評論家の勝間和代さん(49)が、28日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・0)に生出演。同日のブログで女性のパートナーと交際していると公表したことに言及した。

 「高校、大学、社会人と定期的に女性を好きになったけど、女性を好きになってはいけないとずっと思っていた。ふたをして男性と恋愛したり結婚したりを繰り返している中で、一昨年ぐらいに偶然がきっかけで彼女と知り合った」

 勝間さんは21歳で第1子を出産するなど、3人の子供がいる。2度の離婚を経験して現在は独身。お相手の女性は増原裕子さん。増原さんは同性カップルを結婚に相当する「パートナーシップ」と認める証明書を東京・渋谷区から受け取った「第1号」の女性。2017年12月に当時のパートナーと連名で、関係を解消し、証明書を区に返還したことを公表していた。

 勝間さんは「彼女と1月から付き合い始めたら(心を)解放しない方が不便だとわかった」と説明。「彼氏といわれても否定できなかった。(彼女と)2人で出かけるとマネジャーと思われる。そうするとお互いの関係性としてよくない。言ったときに何が起こるかわからない」と涙を浮かべながら話し、「きょう1日だけでも、3人ぐらい方から『実は私も…』というメッセージをいただいた。『自分は言えないのにあなたはすごい』と。実はすごいことじゃない」と声を詰まらせ、「好きな人がたまたま女性だったと解釈してほしい」と訴えた。

 

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 勝間和代さん、涙で同性愛を生告白「好きな人がたまたま女性だったと解釈してほしい」