2018.5.27 19:54

「別冊花とゆめ」休刊 美内すずえさんは「『ガラスの仮面』描き続ける」

「別冊花とゆめ」休刊 美内すずえさんは「『ガラスの仮面』描き続ける」

昭和52年創刊の「別冊花とゆめ」(白泉社)は7月号で休刊を発表した

昭和52年創刊の「別冊花とゆめ」(白泉社)は7月号で休刊を発表した【拡大】

 月刊少女漫画誌「別冊花とゆめ」(白泉社)が26日に発売した7月号で休刊すると発表した。同誌編集部は「40年もの間、別花(べつはな)誌上において素晴らしい作品の数々をご執筆いただきました先生方、そしてなにより、別花の作品を愛し、応援してくださった読者の皆様に心より感謝申し上げます」と報告している。『ピンポンラッシュ!』や『さわやか荘の獣人』は終了。『吸血鬼と愉快な仲間たち』や『放課後せんせいと。』など連載中の作品は、同社が運営する漫画アプリや、ウェブコミック誌などに移る。隔週誌の『花とゆめ』はこれまで通り発行するという。

 「ありがとうございます-最終号」と飾られた7月号の表紙は「桜の花の紅茶王子」。作者の山田南平さんが「こんなに満足して描けた最終回は初めてです」と感謝を述べている。

 昭和52年に創刊された「別花」は『ガラスの仮面』(美内すずえ)や『パタリロ!』(魔夜峰央)、「オトメン(乙男)」(菅野文)など数多くの人気作品を連載してきた。

 『ガラスの仮面』作者の美内さんは自身のツイッターで「『別冊花とゆめ』休刊のお知らせに驚かれた方々。本当に申し訳ありません。雑誌連載の方向性が決まれば、またお知らせします。ただ『ガラスの仮面』は、必ず最終巻まで描き続けます」と宣言した。昭和51年に「花とゆめ」で連載が始まった同作はその後、「別冊花とゆめ」で不定期に掲載されてきた。(産経新聞)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 「別冊花とゆめ」休刊 美内すずえさんは「『ガラスの仮面』描き続ける」