2018.5.24 05:02

トランプ米大統領、北をけん制 米朝会談に「延期の可能性」

トランプ米大統領、北をけん制 米朝会談に「延期の可能性」

特集:
トランプ劇場
韓国の文在寅大統領(左)と会談するトランプ米大統領(ロイター)

韓国の文在寅大統領(左)と会談するトランプ米大統領(ロイター)【拡大】

 トランプ米大統領は22日(日本時間23日)、韓国の文在寅大統領とホワイトハウスで会談し、6月12日にシンガポールで予定される史上初の米朝首脳会談について「延期の可能性が相当ある」と述べ、米国が求める条件が満たされなければ見送ると北朝鮮をけん制した。また最近の北朝鮮の態度硬化は中国の影響との見方を示し、不満を表した。

 トランプ氏は、北朝鮮の「完全な非核化」に向けた合意が会談の前提との立場を明確にするとともに、体制保証や経済支援の用意があるとも重ねて表明。金正恩朝鮮労働党委員長との会談が実現すれば「素晴らしい」と強調し、硬軟両様で金氏に決断を迫った。

 一方、米朝の橋渡し役を自任する文氏は、会談実現を強く促し、「大統領のビジョンと指導力のおかげで、史上初の米朝首脳会談が開かれることになった」などと、トランプ氏を何度も持ち上げた。米朝会談延期を示唆するトランプ氏の隣で「私は予定通り開かれると確信している」と言い切る場面もあった。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. トランプ米大統領、北をけん制 米朝会談に「延期の可能性」