2018.5.4 12:00

ナイナイ矢部 “めちゃイケ”から硬派の情報ドキュメンタリー初MC

ナイナイ矢部 “めちゃイケ”から硬派の情報ドキュメンタリー初MC

ちょっと真面目に硬派番組への抱負を語った矢部浩之=東京・台場のフジテレビ

ちょっと真面目に硬派番組への抱負を語った矢部浩之=東京・台場のフジテレビ【拡大】

 ナインティナインの矢部浩之(46)が初めて硬派の情報ドキュメンタリー番組のMCを務めるフジテレビ系土プレ「目撃!超逆転スクープ 世紀の誘拐事件&奇跡の生還SP」が、5日午後9時から放送される。

 ナイナイを中心にしたバラエティー「めちゃ×2イケてるッ!」が21年半の歴史にピリオドを打ったのは、今年3月。矢部は現在、マツコ・デラックスと出演する番組「アウト×デラックス」の収録でフジテレビに来てはいるが、果たして“めちゃイケ”ロスはなかったのだろうか。終了後、初めて取材に応じた。

 ――終わって約1カ月経ちますが、今どんなお気持ちですか

 「“めちゃイケ”で通うのが普通だったので、局のクロークあたりに“めちゃイケ”のスタッフがいるのかなと思ったら見事にいなかった(笑)。ちゃんとした実感が今までなかったけど。今日実感。まあ僕はロスなかったかな。次に楽しい番組をやれればいいなという思いの方が強かった。ロスは相方(岡村隆史)の方がすごい。なかなかですよね。“青春でした”と言って泣くのは。熱い。相方のロスが心配(笑)」

 ――次の番組をやりたい気持ちは強かった?

 「あった。(収録していた)火、水曜が空くし、家族を食わしていかなあかんし…(笑)」

 そんな折、所属する吉本興業の岡本昭彦共同代表取締役COOから「ごはんでもどうだ」と誘われた。「どんなことをやりたい?」と聞かれ、矢部は「ほんまにそのとき、やりたことを何個か挙げて(COOは)“分かった、分かった”と言っていたけど、僕は“ほんまにこれ全部、実現するのかな”」とそんなやりとりがあったという。

 結果、その場で挙げたやりたいことの一つが、この番組だったそうだ。「めちゃくちゃ、早いやん。ほぼやりたいことに近い形でありがたいなと思った」と矢部は喜んだ。

 さらに、事務所とのやりとりにはこんなエピソードも。“めちゃイケ”の最終回、放送終了後、「長い間、大変おつかれさまでした」のメールが入る。翌日、どう返そうかと逡巡し「22年間頑張ったので、番組とギャラを増やしてください」と返信したら、結構早めの返しで「了解です(笑)」ときた。「わ・ら・い…あっ、ギャラは上がらへんな」と思ったというほほえましい話も披露した。

 ――番組の話題に戻りますが、出演者の出川哲朗さん、小島瑠璃子さんとも楽しそうで…

 「いろんなところでMCをやっていらっしゃる方々、スペシャリストじゃないですか。出川さんは昔から知っているし、めちゃめちゃやりやすい。これからは自分がおもしろいと思ったことは何でも提案していきたい。今後絡みたい人? 岡村隆史以外なら(笑)」

 ――帯で情報番組を持ちたいという野望はありますか

 「今はそう思わないけど、独身時代とは変わってきたのは事実。昔より昼の情報番組は見ているかなあ。奥さん(元TBSアナウンサーでフリーアナウンサーの青木裕子)が結構見ているので。理想は週末、週一でやれたら(笑)」

 ――ほかにやりたい番組は? 差し支えなければ…

 「えーっ、差し支えある~(笑)。ナイナイ冠のお笑い番組かな。社長には挙げておいた。やっぱコンビなんで、バランスとかも気になる。先輩方のコンビを見ているといろいろな時期があって、今は僕らがそういう時期なのかな、と」

 ――お互いの仕事は関知しないのですか

 「やっていたら見るかな。相方は性格的にチェックするんでしょうね。チェックして、そして僕には言わない。絡んだときにだけチクチク出してくる、みたいな(笑)」

 ――改めて、初の情報ドキュメンタリー系収録の感想を

 「番組テーマ、趣旨、セットなどが今までになかった感じで新鮮。僕は好きでした。自由にしゃべり、自然体でできた。好きな収録の仕方でした」

 ――プライベートでこの種類の番組を見ることはありますか

 「これがあるんですよ。見るんすよ。リビングで何となくテレビがついていて謎解き系のVTRが流れていると、答えが出るまで見てしまう。それでママ(奥さん)から横でチクチク言われることはある。奥さんはテレビを見ながらよく“この人、おもしろーい”とか言っている」

 家庭での様子も包み隠さず、それこそ自由に話してくれた矢部の取材風景。いつもマイペースな話しぶりで知られるが、少し肩に力が入った新番組への抱負も聞かれ、公私ともに充実している日々をのぞかせていた。

 番組の内容は、「全米が大捜索!9カ月に及ぶ少女誘拐事件と執念の生還劇」「映画『ゴーン・ガール』が現実に!?疑惑の美男美女カップルを直撃!」の2本。スタジオでは犯行現場を大迫力のプロジェクションマッピングで再現する。

  • 出川哲朗の話を楽しそうに聞く矢部浩之(中央)と小島瑠璃子(C)フジテレビ
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ナイナイ矢部 “めちゃイケ”から硬派の情報ドキュメンタリー初MC