2018.5.4 05:01

把瑠都、エストニア帰国前に最後の仕事「また日本でも仕事したい」

把瑠都、エストニア帰国前に最後の仕事「また日本でも仕事したい」

イベント内で子供たちと相撲を取る把瑠都=長野県佐久市(撮影・福島範和)

イベント内で子供たちと相撲を取る把瑠都=長野県佐久市(撮影・福島範和)【拡大】

 元大関でタレント、把瑠都(33)が3日、長野・佐久市で行われた「佐久バルーンフェスティバル2018」に参加。祖国エストニアの国会議員になるため、5日に帰国する前に最後の仕事を行った。

 トークショーではサンケイスポーツコラム「虎の通信簿」を担当するタレント、ダンカン(59)から「この姿は見納めですよ」と紹介され、照れ笑い。エレナ夫人(35)、長男(1)とともに生活拠点をエストニアに移し、来年4月の国会議員選挙で当選を目指す把瑠都は、「日本は“第二の祖国”。両国の懸け橋になれるよう、また日本でも仕事がしたい」と再来日を誓った。

  • イベント内で子供たちと相撲を取る把瑠都
  • イベント内で子供たちと相撲を取る把瑠都
  • イベント内で子供たちと相撲を取る把瑠都
  • イベントで挨拶する把瑠都
  • 来場者との写真撮影に応じる把瑠都
  • 来場者との写真撮影に応じる把瑠都
  • 来場者へのサインに応じる把瑠都
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 把瑠都、エストニア帰国前に最後の仕事「また日本でも仕事したい」