2018.5.2 10:00

飲む日焼け止めでアラフォー美肌作り

飲む日焼け止めでアラフォー美肌作り

特集:
女子社員コラム 言わせて系

 【女子社員コラム 言わせて系】花粉症の肌荒れが治らず、仕事の合間を縫って皮膚科に通う日々が続いている。病院で同じアラフォーの女医と紫外線の話題で盛り上がり、“飲む日焼け止め”を勧められた。

 日差しが強くなり、いよいよ美肌の大敵、紫外線と戦うシーズンが到来する。日焼け止めやメークを何度も塗り直したり意外と紫外線ケアは面倒だという声も多い。

 だが、UV対策を怠ってしまうとシミやシワ、たるみが瞬く間にできて“おばさん顔”へまっしぐらとなる。そこで注目されているのが飲む日焼け止めだ。最近ではモデルのマギーやタレントのブルゾンちえみ、HKT48の指原莉乃ら、芸能人も使用していることで注目を集めている。

 飲む日焼け止めと聞くと、普段身体に塗っている液体と同じ成分が体内に入るというイメージがあり、敬遠してしまう人もいると思うが、有害な紫外線が肌に降り注ぐのを防止する塗るタイプとは違って、紫外線によって細胞が受けるダメージを軽減するためのもの。1日に1回飲むだけで何度も飲み直さなくても良く、目や頭皮など日焼止めが塗れない場所にも効果的だ。価格も良心的で敏感肌の人も気軽に試すことができる。

 主成分は主にシダ植物から抽出したPLエキス、ローズマリーとシトラス果実から抽出されたニュートロックスサンの2種類の抗酸化成分で、ともに紫外線のダメージによって発生する活性酸素の抑制や排出、肌の炎症を抑える働きがある。さらに果物や野菜から抽出された食品から取れるポリフェノールやビタミンなどの抗酸化成分も配合されており、副作用や健康被害の心配はないという。

 飲む日焼け止めは、日光を浴びる30分前に服用することで効果が期待でき、強い紫外線を浴びる場合は1週間前から毎日飲むことで、日焼けしにくい肌になるそうだ。今年はクリームや日傘と飲む日焼止めを併用して、遅いとは承知の上で美肌作りを目指してみようかな。(ちゅん)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 飲む日焼け止めでアラフォー美肌作り