2018.4.29 14:33

金正恩氏、日朝対話に意欲 韓国大統領府明かす

金正恩氏、日朝対話に意欲 韓国大統領府明かす

特集:
北朝鮮問題

 韓国の文在寅大統領は29日、安倍晋三首相と電話会談し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が27日の南北首脳会談の際「いつでも日本と対話を行う用意がある」と述べたことを伝えた。韓国大統領府が明らかにした。

 電話会談後、首相は来日した韓国の徐薫国家情報院長と官邸で面会し、南北首脳会談のやりとりの詳細について説明を受けた。首相は冒頭で「北東アジアの平和と安定へ協力したい」と強調。徐氏は「南北首脳会談の成果は、金氏が自分の言葉で非核化の意思を示し、(共同宣言に)署名したことだ。韓日米の協力がかつてなく重要だ」と応じた。

 電話会談で日韓両首脳は、北朝鮮が非核化へ具体的な行動を取るよう、両国が努力することで一致。首相は拉致問題に関し、米朝首脳会談などを通じて前進するよう全力を尽くしたいと記者団に表明した。日米韓で連携し、北朝鮮の核兵器を含む大量破壊兵器や弾道ミサイルの完全放棄の実現へ尽力するとした。(共同)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 金正恩氏、日朝対話に意欲 韓国大統領府明かす