2018.4.28 16:20(1/2ページ)

まもなく納税時期、誰がオートバイの軽自動車税を上げたのか?【週刊クルマのミライ】

まもなく納税時期、誰がオートバイの軽自動車税を上げたのか?【週刊クルマのミライ】

特集:
カー情報
まもなく納税時期、誰がオートバイの軽自動車税を上げたのか?【週刊クルマのミライ】

まもなく納税時期、誰がオートバイの軽自動車税を上げたのか?【週刊クルマのミライ】【拡大】

 今年も自動車税の納税通知書が届くタイミングになってきました。排気量の大きな乗用車のオーナーにとっては憂うつと感じるかもしれませんが、それ以上に二輪オーナーはうんざりと感じているかもしれません。

 というのも、平成28年度に軽自動車税が増税になっているから。四輪の軽自動車については増税前にナンバーをつけたクルマは旧税率が適用されますが、二輪においては古かろうが新しかろうが一律増税となったからです。

 そうそう、意外なことかもしれませんが、二輪車(オートバイ)というのが排気量50cc以下の原付きからリッターバイクと呼ばれる大型モデルまで、軽自動車税の対象なのです。つまり、いずれも4月1日での所有者に税金がかかる仕組みです。

 そして、平成28年度の増税では原付が従来の年間1000円から倍増の2000円へと増税されたのですから、穏やかな話ではありません。金額的には小さめですが、軽乗用車が7200円から10800円に増税となったのに比べると比率的には納得できないというオーナーも少なくないでしょう。

 そもそも、軽自動車の増税については、それを後押ししたメディアや世論も少なくありませんでした。おそらく「200万円近い価格で、室内も広い軽自動車が登録車よりもずっと安い自動車税なのはズルい」という感情もあったでしょうし、「売れに売れている軽乗用車から増税するのは妥当だ」という見方もあったでしょう。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. まもなく納税時期、誰がオートバイの軽自動車税を上げたのか?【週刊クルマのミライ】