2018.4.22 22:23

カトパンが朝ドラデビュー トサカ前髪&バブリーメイク披露

カトパンが朝ドラデビュー トサカ前髪&バブリーメイク披露

「半分、青い。」に出演する事が決まった加藤綾子(左)(NHK提供)

「半分、青い。」に出演する事が決まった加藤綾子(左)(NHK提供)【拡大】

 元フジテレビのフリーアナウンサー、加藤綾子(32)がNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・0)で朝ドラデビューすることが22日、分かった。永野芽郁(18)がヒロインを務める同作は、高度成長期から現代までの岐阜と東京を舞台に左耳を失聴した鈴愛(すずめ)がユニークな発想力で一大発明を成し遂げる姿を描く。

 加藤は、鈴愛が憧れるカリスマ少女漫画家、秋風(豊川悦司、56)が出演するトークショーの司会を務めるフリーアナウンサー役。ヒロインと秋風が初めて出会う重要な場面を任された。

 カトパンが出演する28日の放送回は、バブルまっただ中の1989年の設定。時代の先端を行くフリーアナを演じるため、肩パットが入った大きめのジャケットにトサカ前髪&派手目のバブリーメイクを披露。朝ドラデビューについて「いつも見ていた朝ドラに私、本当に出るの? という不思議な気持ちです」とおったまげ~な笑顔を見せた。

 この日スタートしたTBS系「ブラックペアン」の治験コーディネーター役で連ドラ初レギュラーにも挑戦中で演技モード全開なカトパン。23日に33歳の誕生日を迎えるマルチ美女にとって、今年は“女優元年”になるかも!?

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. カトパンが朝ドラデビュー トサカ前髪&バブリーメイク披露