2018.4.18 18:45

サチモスがNHKサッカー番組テーマソング、YONCE「感動的なシーンがきっと生まれる」

サチモスがNHKサッカー番組テーマソング、YONCE「感動的なシーンがきっと生まれる」

 6人組ロックバンド、Suchmos(サチモス)が今年のNHKサッカー番組テーマソングを手がけることが18日、同局から発表された。メンバーが現在制作中で5月に発表し、6月開幕のサッカーW杯ロシア大会やJリーグの中継のほかサッカー関連番組に使われる予定という。

 サチモスは2013年1月に神奈川県で結成。16年の「STAY TUNE」で注目され、昨年12月にはセカンドアルバム「THE KIDS」が日本レコード大賞の最優秀アルバム賞を受賞した。起用理由について同局広報部では、世代や性別を超えて幅広く支持され、サッカーの魅力や感動を独特の表現力で伝えられることをポイントに挙げた。

 ボーカルのYONCE(よんす、26)は同局を通じ「イレブンとサポーターで燃え上がるボルテージを生かしたアイデアがあれば、感動的なシーンがきっと生まれる」とコメント。日本代表に大きな期待を寄せている。

 同局のサッカーテーマは、2010年の「タマシイレボリューション」(Superfly)、11~12年の「君と羊と青」(RADWINPS)、13年の「Aoi」(サカナクション)、14~16年の「NIPPON」(椎名林檎)、17年の「Weare」(ONE OK ROCK」など。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. サチモスがNHKサッカー番組テーマソング、YONCE「感動的なシーンがきっと生まれる」