2018.4.12 16:02

志らく「貴乃花親方に戻しなさい」ちびっこ相撲の女子児童参加拒否に物言い

志らく「貴乃花親方に戻しなさい」ちびっこ相撲の女子児童参加拒否に物言い

特集:
貴乃花親方
立川志らく

立川志らく【拡大】

 落語家、立川志らく(54)が12日、TBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。静岡市で8日に開催された大相撲春巡業「富士山静岡場所」で、力士が土俵上で小学生らに稽古を付ける「ちびっこ相撲」に、これまで参加できていた女子児童の参加が認められなかったことに言及した。

 番組では日本相撲協会の広報部が「巡業部長の交代」が今回の女子児童の参加を許可しなかった理由のひとつとして挙げたことを取り上げた。これについて志らくは「(前巡業部長の)貴乃花親方が一生懸命やってるのに(春日野親方に)替えたことによってこんなことになっちゃって…」とチクリ。「春日野さんはこないだあの問題があったときに『私はトイレに行って見ていませんでした』ってでもそれが映像に残っててそれが嘘だってことがわかっちゃったんでしょ?」と批判した。

 さらに志らくは「元々女人禁制っていう伝統だから。伝統ってのは大事にしなきゃいけないんです。でも説明できないような伝統はやっぱり変えていくべき」と主張。「(昔は)土俵に柱が4本あった。それは神様を祀っている。でも、見えづらいから昭和27年に撤去して房に変えたと。伝統って変えているんです」と現在は残っていない4本柱を例として挙げ、「女の人を上げちゃいけないっていうのをちゃんと説明できるのなら、みんなが納得できる、あ、なるほどって、そういうのがあるならいいんですけど、多分説明できないでしょ。神事だからだけでしょ」と指摘。「神事だからったって、神事を大事にしている人が、張り倒したり隠蔽したりしているんだからね。その辺は非難されても仕方がないですよ」と協会の体質の問題にも触れた。

 志らくは「相撲協会はなんで女性を上げちゃいけないのか。ましてや女の子、子供を上げちゃいけないのか。けがするからってあと付けのように言っているけれども、みんなが納得できるように説明できないとダメです」と繰り返したが、最後は「貴乃花親方に戻しなさい」と相変わらずの“貴乃花びいき”としての一面を見せることを忘れなかった。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 志らく「貴乃花親方に戻しなさい」ちびっこ相撲の女子児童参加拒否に物言い