2018.4.12 05:03

北乃きい舞台「心臓が濡れる」ポスター独占入手!加藤拓也氏とタッグ

北乃きい舞台「心臓が濡れる」ポスター独占入手!加藤拓也氏とタッグ

加藤氏がこだわったリアルな心臓が印象的なポスター。会社員に扮する左から柄本、北乃、尾上寛之の熱演にも注目だ

加藤氏がこだわったリアルな心臓が印象的なポスター。会社員に扮する左から柄本、北乃、尾上寛之の熱演にも注目だ【拡大】

 女優、北乃きい(27)の主演舞台「心臓が濡れる」(東京・すみだパークスタジオ倉、7月5~16日)のポスタービジュアルをサンケイスポーツが独占入手した。

 タイトルにもなっている心臓をモチーフにしたカットで、W主演の俳優、柄本時生(28)の頭上に乗っているほか、顔が心臓になっている人間がちりばめられたインパクト大な写真。北乃は「気になりますよね。その気持ちを裏切らないですから」と謎めいた物語の熱演を誓った。

 同作は、災害でビルに閉じ込められたOL(北乃)ら会社員10人が、他人と自分の命をてんびんにかけた2つの正論をぶつけ合い、正義を探す物語。

 作・演出は、“灰皿を投げない蜷川幸雄氏”の異名を取る新進気鋭の演出家、加藤拓也氏(24)。20歳で「劇団た組。」を旗揚げし、先月放送されたフジテレビ系「平成物語」でドラマ脚本デビューした注目株だ。その才能に惚れた芸能事務所、フォスターに“スカウト”され、今年1月に所属した。

 同事務所の看板女優である北乃は、劇中で他人を助ける心優しいOLを演じ、「加藤さんの期待に応えられるような世界観作りをしたい」と気合十分。北乃を主役に起用した加藤氏は「役と同じく、すごく気付きが多い人。相手を見ながらお芝居ができるので、生々しく反応しながら作っていけたら」と誓った。

加藤拓也(かとう・たくや)

 1993(平成5)年12月26日生まれ、24歳。大阪府出身。高校在学中の17歳のときに、ラジオやテレビの構成作家を始める。18歳でイタリアに渡り、映像演出と演劇について学ぶ。帰国後の2013年に20歳で「劇団た組。」を旗揚げ。同年、NON STYLEの石田明(38)が脚本を担当した「弱者の吠えかた」で舞台演出家デビュー。代表作に「博士の愛した数式」(15年)、「壁蝨」(17年)など。

  • 初タッグを組む北乃(右)と加藤氏。スター女優と新進演出家の化学反応に注目だ=東京都内
  • 初タッグを組む北乃(右)と加藤氏。スター女優と新進演出家の化学反応に注目だ=東京都内
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 北乃きい舞台「心臓が濡れる」ポスター独占入手!加藤拓也氏とタッグ