2018.4.6 05:01

西部さん自殺ほう助容疑で出演番組ディレクターら2人逮捕「死生観尊重…力になりたいと」

西部さん自殺ほう助容疑で出演番組ディレクターら2人逮捕「死生観尊重…力になりたいと」

 1月に亡くなった評論家の西部邁さん=当時(78)=の自殺を手助けしたとして、警視庁は5日、自殺ほう助の疑いで、東京MXテレビの子会社社員の窪田哲学容疑者(45)と、西部さんの知人で会社員の青山忠司容疑者(54)の2人を逮捕した。いずれも容疑を認めている。

 警視庁によると、窪田容疑者は、西部さんが出演していた番組でディレクターを務めていたといい、動機について「西部先生の死生観を尊重して力になりたいと思った」と供述。青山容疑者は「20年以上お世話になった先生のためにやらなければいけないと思った」と供述しているという。

 逮捕容疑は1月21日、道具を準備し、西部さんを東京都大田区の多摩川付近まで車で連れて行き、西部さんに安全帯などを装着させて、自殺をほう助した疑い。西部さんは手が不自由だったことから、警視庁は本人以外に関与した人物がいたとみて調べていた。

 窪田容疑者は東京MXテレビから子会社に出向しており、同局の「西部邁ゼミナール」(終了)のディレクターを務めていた。青山容疑者は西部さんが主宰していた私塾の塾頭を務めていた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 西部さん自殺ほう助容疑で出演番組ディレクターら2人逮捕「死生観尊重…力になりたいと」