2018.4.2 14:53

東国原英夫『たけし軍団イズム』を語る “裏切り”受けても森社長の元に残るのは…

東国原英夫『たけし軍団イズム』を語る “裏切り”受けても森社長の元に残るのは…

特集:
ビートたけし
東国原英夫

東国原英夫【拡大】

 タレント、東国原英夫(60)が2日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。かつて所属していた「たけし軍団」のメンバーが、師匠でもあるタレントのビートたけし(71)に対するオフィス北野・森昌行社長(65)の“裏切り行為”について声明文を発表したことについて見解を語った。

 声明文に記された軍団の主張が紹介されると、MCの坂上忍(50)から「不思議なのは、これだけいろんな事があって、このタイミングでこれまでの経緯を発表しているわけじゃないですか。それでも森さんのところ(オフィス北野)でやってきますよということなんですか」と疑問をぶつけられた東国原は、「そういうことでしょうね。森さんは何回か“裏切り行為”をしたということであっても、今回反省をしているということで、もう一回出直そうじゃないか。言ったら『たけし軍団イズム』なんですかね」と解説した。

 さらに坂上から「普通に考えると、内々で話がついてるんだったら表に出す必要ないんじゃないのと思う人も多いと思うんですけど」と今回の声明文を出した意味について問われると、東国原は「これは『週刊誌等々で言われている、たけしさんとビジネスパートナーの主導で(独立を)やったんじゃないですよ。オフィス北野内の問題だったんですよ』という事実関係を明らかにする意図があったんじゃないですかね」と分析した上で、「ここまでたけし軍団が糾弾するのであれば、僕は法的な措置も考えるべきだったんじゃないか、背任とか損害賠償とかね、ということは思いますよね」と軍団側の踏み込みの足りなさも指摘した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 東国原英夫『たけし軍団イズム』を語る “裏切り”受けても森社長の元に残るのは…