2018.4.2 11:37

B’zが解説してくれるB’z展!!/芸能ショナイ業務話

B’zが解説してくれるB’z展!!/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」で展示されている衣装

「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」で展示されている衣装【拡大】

 9月にデビュー30周年を迎えるロックユニット、B’z。現在、2人の30年の歴史を振り返る「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」(東京・有楽町インフォス)が開催中だ。

 前期(88~02年)と後期(03~18年)に分けて振り返る“B’z展”で、前期は4月1日~5月6日、後期は5月11日~6月15日に開催。これまで、ファンクラブ限定で、衣装・楽器の展示と映像上映などの企画はあったが、一般客も来場できるイベントは初だ。

 展示品の目玉が初公開される、ボーカル、稲葉浩志(53)の直筆歌詞とギター、松本孝弘(57)の直筆譜面。稲葉が代表曲「ultra soul」など数々の楽曲の歌詞をつづった紙には、線が引いてあったり、絵が描かれてあったり。悩んでいる様子や詞に込めた思いが感じ取れ、名曲誕生の瞬間を伺い知れる。他にも松本のギターなど愛用楽器やステージ衣装、秘蔵映像などがめじろ押しだ。

 そして、これら“お宝”の数々をなんと、2人がオーディオガイドで解説してくれるのだ。稲葉と松本が対談形式でエピソードを交えながら40分にも渡って会場内を案内。貴重な肉声でのガイドは前売り500円、当日600円の料金がかかるものの、必聴の価値ありだ。

 2人は“B’z展”を「僕たちが歩んできた30年の軌跡を記しました」とPR。歌声とは違った2人の声を聞きに行くのも、いいかもしれない。(GJ)

  • B’zの楽曲「恋心」の松本孝弘の直筆譜面
  • 「B’z30thYearExhibition“SCENES”1988-2018」で展示されている稲葉浩志の作詞ノート
  • 「B’z30thYearExhibition“SCENES”1988-2018」で展示されているギター
  • B’zの代表曲「ultrasoul」の稲葉浩志の直筆歌詞
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. B’zが解説してくれるB’z展!!/芸能ショナイ業務話