2018.4.1 11:01(1/3ページ)

【大河のころ 竹中直人(1)】ハイテンションすぎて起きた“横チン事件”

【大河のころ 竹中直人(1)】

ハイテンションすぎて起きた“横チン事件”

特集:
大河のころ
砂まみれの顔で秀吉を熱演する竹中直人(中央)と左から細川直美、市原悦子、故・深浦加奈子さん、高嶋政伸 (1995年9月22日撮影)

砂まみれの顔で秀吉を熱演する竹中直人(中央)と左から細川直美、市原悦子、故・深浦加奈子さん、高嶋政伸 (1995年9月22日撮影)【拡大】

 放送55周年のNHK大河ドラマの歴代主演俳優に迫る大型連載の第2回は、1996年「秀吉」の竹中直人(62)が登場。「でたらめな大河」を合言葉に、現代語を多用してハイテンションに演じた結果、平均視聴率30・5%を獲得した。織田信長役の渡哲也(76)ら共演者との裏話や、2014年「軍師官兵衛」でも演じることになった秀吉への思いを語った。

【続きを読む】

  • 竹中直人
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【大河のころ 竹中直人(1)】ハイテンションすぎて起きた“横チン事件”