2018.3.30 13:54

TBS「シンカリオン」、30日の放送はゲンブとの直接対決の後編

TBS「シンカリオン」、30日の放送はゲンブとの直接対決の後編

TBS系アニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」の一コマ。JR東京駅構内を参考に描かれている(TBS提供)

TBS系アニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」の一コマ。JR東京駅構内を参考に描かれている(TBS提供)【拡大】

 新幹線から変形する巨大ロボットの活躍を描くTBS系アニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」(土曜前7・0)がリアルな描写と示唆に富んだストーリー展開で人気を集めている。

 シンカリオンはジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社がコラボして制作したキャラクター。玩具は子供たちに大人気で、今回は満を持しての初アニメ化だ。名古屋発の男性10人組、BOYS AND MENのオープニング曲「進化理論」も疾走感のあるサウンドで話題となっている。

 今回はドラマの裏方として実際に活躍するペンネーム、超進化研究所総務部雑用係の上大岡六助氏がサンケイスポーツの取材に応じ、作品のこだわりを紹介してくれた。

 「30日の放送は『決戦!!シンカリオンVSゲンブ』です。前回23日の放送に続いて、謎のエージェントたちのひとり、ゲンブとの直接対決の後編です。圧倒的なパワーと防御力を持ち、ハヤトたちの攻撃をものともしないゲンブですが、新たなシンカリオンである、『シンカリオン N700Aのぞみ』との戦いで、ゲンブは何かを想ったようです。今後のストーリー展開における重大な転換点となるので、ぜひ見ていただきたいと思います! また、お話しのラストでは今後登場する予定のシンカリオンもちょっとだけ見れたりします」

 「今回はこのゲンブとの戦いの舞台となった、『東京駅』をご紹介します。とはいっても、ご存じの方も多いかと思いますので、細かい説明は省きますね。東京駅は、シンカリオンの物語冒頭から、今後もたびたび登場する場所となります。特に、新幹線の改札口やホームは、各地の新幹線の集合場所でもあるため、ハヤトたちの戦いが進むにつれ、さまざまな形で登場することになると思います」

  • TBS系アニメ「新幹線変形ロボシンカリオン」の一コマ。JR東京駅構内を参考に描かれている(TBS提供)
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. TBS「シンカリオン」、30日の放送はゲンブとの直接対決の後編