2018.3.27 05:04

5月開幕舞台で“最後のミムラ”「カタカナ三文字のミムラが終わる」

5月開幕舞台で“最後のミムラ”「カタカナ三文字のミムラが終わる」

 女優、ミムラ(33)が、27日から芸名を「美村(みむら)里江」に改めることが26日、分かった。改名は以前から考えており、仕事のタイミングなどから、いまが最適と決断。“ミムラ”を音で残し、本名の里江をつけた。

 5月29日~6月5日に東京・西池袋の東京芸術劇場で上演される俳優、溝端淳平(28)との2人芝居「家族熱」にはタイミングの問題で、ミムラの芸名で参加。これがミムラとして最後の作品となる。舞台は直木賞作家、向田邦子さんの同名小説が原作。2016年のNHK「トットてれび」などで2度、向田さん役を演じており「こういう形でカタカナ三文字のミムラが終わるのは感慨深い」としみじみ。渾身の演技を見せることを誓った。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 5月開幕舞台で“最後のミムラ”「カタカナ三文字のミムラが終わる」