2018.3.23 12:23

歌舞伎町のホテル浴室に出産直後の乳児遺棄容疑 無職少女を書類送検

歌舞伎町のホテル浴室に出産直後の乳児遺棄容疑 無職少女を書類送検

 東京・歌舞伎町のビジネスホテルで2017年12月、出産直後の乳児の遺体を遺棄したとして、警視庁少年事件課は23日、死体遺棄容疑で、群馬県太田市の無職少女(19)を書類送検した。

 少年事件課によると、少女は「泣かない赤ちゃんを見て死んでいると思い放置した」と容疑を認め、「助ける気持ちよりも、出産したことを誰にも知られたくない気持ちが強かった」と供述している。少女は17年2月に家出後、妊娠していた。

 送検容疑は妊娠9~10カ月だった17年12月10日夜、新宿区歌舞伎町2丁目のホテルで男児を出産。何らかの原因で死亡した男児の遺体を翌11日午後0時35分ごろまでの間、室内のユニットバスに放置して遺棄した疑い。

 司法解剖の結果、出産時の生死や死因は不明。退室時間になっても少女が出てこないため、ホテル従業員が部屋を訪れ、少女とユニットバス内の床に全裸で寝かされていた男児を発見、119番した。男児は搬送先の病院で死亡が確認された。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 歌舞伎町のホテル浴室に出産直後の乳児遺棄容疑 無職少女を書類送検