2018.3.20 05:04

AKB選抜総選挙、海外3グループ初参戦!開催地公募で海外開催も

AKB選抜総選挙、海外3グループ初参戦!開催地公募で海外開催も

特集:
AKB48
2016年のAKB48選抜総選挙で連覇達成の公約にあげた“熱湯風呂”を終え、安堵の表情で歓声に応える指原莉乃=2017年4月撮影

2016年のAKB48選抜総選挙で連覇達成の公約にあげた“熱湯風呂”を終え、安堵の表情で歓声に応える指原莉乃=2017年4月撮影【拡大】

 6月16日に開催されるAKB48グループのシングル選抜メンバーを決める今年の選抜総選挙に、インドネシア・ジャカルタのJKT48など海外3グループが初参戦することが19日、分かった。

 名称は「第10回AKB48世界選抜総選挙」で、ほかにタイ・バンコクのBNK48、2月に1期生45人が決定した台湾・台北のTPE48も参加。SKE48、NMB48など国内6グループを含めた計9グループが、53枚目のシングルメンバーの座をかけてしのぎを削る。

 今年も立候補制で、23日時点の在籍メンバーが権利を有する。過去に国内と海外の兼任メンバーが出馬する例はあったが、今回は海外メンバーの参戦が初めて許される。立候補の受付期間は23~27日に決まった。

 昨年の舞台は沖縄で、AKB姉妹グループの拠点以外では初開催だった。今回は開催地を公募で決定し、初の海外総選挙も考えられるという。

 この日は、世界選抜総選挙の投票権が封入される52枚目のシングル選抜メンバー28人も発表。AKB48チーム8の小栗有以(16)が初センターに選ばれ、「AKB48のセンターとして全体を輝かせるように頑張りたい」と意気込んだ。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. AKB選抜総選挙、海外3グループ初参戦!開催地公募で海外開催も