2018.3.17 11:30(1/2ページ)

母校・立大相撲部の名誉監督に就任した周防正行監督の挑戦/芸能ショナイ業務話

母校・立大相撲部の名誉監督に就任した周防正行監督の挑戦/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
立教大相撲部の名誉監督に就任した周防正行監督(後列左から3番目)。右端は名誉部員の映画プロデューサー、桝井省志氏=東京・西池袋

立教大相撲部の名誉監督に就任した周防正行監督(後列左から3番目)。右端は名誉部員の映画プロデューサー、桝井省志氏=東京・西池袋【拡大】

 映画「シコふんじゃった。」などで知られる周防正行監督(61)が13日、東京・西池袋の立大で開かれた就任会見で、学生相撲の人気回復に意欲をみせた。

 相撲部は今年創部100年目を迎えた伝統校だが、所属は選手2人と女子マネジャー4人のみ。部員獲得とチーム活性化のため、相撲好きの周防氏に白羽の矢が立った。まずは新人勧誘のためのビデオメッセージを制作して強力援護する。

 「大学から相撲を始めても、あの国技館で相撲が取れるという楽しさを伝えたい」。穏やかな表情で語る周防氏は1992年公開の「シコふんじゃった。」で一躍有名になった。本木雅弘(52)ふんする大学生が教授に頼まれ、8年生部員(竹中直人、61)1人が奮闘する相撲部に助っ人として入部して活躍する物語。相撲の魅力に触れて本気で勝利を目指す姿は感動を呼んだが、同作のモチーフとなったのが、立大相撲部の部員減少問題だった。

 それだけに、名誉監督の就任要請に対しては「恩返しのためにも素直に『ハイ』と言った」と即決した。

 もともと、第51代横綱で71年に27歳で亡くなった玉の海に魅了されて以来の相撲ファン。「シコふんじゃった。」のころの大相撲は若貴ブームの大人気で、「当時は千秋楽が近づくとワクワクした気持ちになってね」と振り返った。さらに「映画の女性スタッフが、千代の富士が貴乃花に負けて引退することになったとき、涙を流して残念がったのを覚えている」と熱狂ぶりも語った。

 元横綱日馬富士の傷害事件からさまざまな問題が続く相撲界だが、「僕は父親と相撲を取りながら自分の成長を感じた世代。今でも地方の小学校や神社には土俵が残っているところもあるし、相撲界は子供たちが憧れる世界であってほしい」と優しい視点から人気回復を願った。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 母校・立大相撲部の名誉監督に就任した周防正行監督の挑戦/芸能ショナイ業務話