2018.3.14 05:00

「成人18歳」を閣議決定 飲酒、喫煙などは20歳未満禁止

「成人18歳」を閣議決定 飲酒、喫煙などは20歳未満禁止

 政府は13日、成人年齢を20歳から18歳に引き下げ、女性が結婚できる年齢を16歳から引き上げて男女とも18歳とする民法改正案と、関連法の改正案を閣議決定、国会に提出した。今国会で成立させ、2022年4月1日施行を目指す。民法が制定された明治時代以来の「大人」の定義変更。18、19歳も成人として親の同意なく契約が可能となり、悪質業者による被害が心配される。

 関連法では、飲酒と喫煙、競馬など公営ギャンブルは20歳未満禁止を維持。法制審議会は、少年法の適用年齢を20歳未満から18歳未満に引き下げる議論をしている。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「成人18歳」を閣議決定 飲酒、喫煙などは20歳未満禁止