2018.3.14 14:06

武井壮、谷亮子氏の袈裟固めは「半端ねえぜ」 “百獣の王”も完敗

武井壮、谷亮子氏の袈裟固めは「半端ねえぜ」 “百獣の王”も完敗

武井壮

武井壮【拡大】

 2000年シドニー、04年アテネ五輪柔道女子48キロ級金メダリストで、元参院議員の谷亮子氏(42)が13日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!豪華アスリート大集合もうすぐ春ですね祭!」(後7・0)に出演。陸上十種競技の元日本王者でタレント、武井壮(44)に柔道技の袈裟固めをかける一幕があった。

 谷亮子氏は、プロ野球オリックス、巨人などで活躍した野球評論家の谷佳知氏(45)との間に小学6年の長男(12)と小学2年(8)の次男がいることを明かした。司会を務めるタレント、明石家さんま(62)から、子供たちがスポーツをやってるかと尋ねられると、「アイスホッケーをやってます」と答えた。

 そんな谷氏は「自分はなんて負けず嫌いなんだろうと思うこと」のトークテーマで、子供とアイスホッケーで対決した際に本気を出し、反撃のために思わず柔道の技を繰り出したエピソードを告白。谷氏は、柔道の技ではまだまだ負けないと語る中で、武井に技をかけることとなった。

 武井は「百獣の王なんで」と強気の発言。10秒の間に技をとくルールとなった。「谷さんに袈裟決められるって嬉しいですね」と余裕の発言をしていたが、いざ、技うをかけられると全く抜け出すことが出来ず。「何にもできない!」と驚きの声をあげた。

 「女の人だし、体が小さいし。ヒョイ、とやったろうとおもったら、ヒョイをやる場所に行けない。体を斜めにも出来ない」と身動きが取れなかったと言い、「最後、やることないからチューしてやろうと思った」と泣き言を言ってスタジオの笑いを誘っていた。

 武井は番組終了後、自身のツイッターを更新。「谷でも金、ママでも金、最高で金、最低でも金の谷亮子の袈裟固めは半端ねえぜ。。柔ちゃんのロックは全然柔らかくねえ、硬かった。。」と完敗を認めつつも「ただ、柔道世界王者に袈裟決めさせてスタートってことはライオンに首の後ろ噛ませてからスタートくらいのハンデあっからな、うん。。負けてねえと思う」と“百獣の王”としての強気の発言も忘れなかった。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 武井壮、谷亮子氏の袈裟固めは「半端ねえぜ」 “百獣の王”も完敗