2018.3.11 12:22(1/2ページ)

ジュネーブショーが「世界で最後まで開催されるモーターショー」と言われる魅力とは?

ジュネーブショーが「世界で最後まで開催されるモーターショー」と言われる魅力とは?

特集:
カー情報
ジュネーブショーが「世界で最後まで開催されるモーターショー」と言われる魅力とは?

ジュネーブショーが「世界で最後まで開催されるモーターショー」と言われる魅力とは?【拡大】

 今年も行ってきました! 私の春の風物詩(?)、ジュネーブモーターショー。

 今年は3月6-7日がプレスデー。8日~18日が一般公開日。つまりまだ公開真っ最中!

 とはいえ、一般公開日には行ったことがありませんが、個人的には世界のモーターショーの中で私が一番好きなモーターショーが「ジュネーブモーターショー」。

 でもこれは、どうやら私だけの話ではなく、自動車メーカーにとっても同じのようです。

 現在、特に新興国などでも自動車の普及が高まると共に各国でモーターショーが開催されいます。つまり、世界中のモーターショーの開催数は右肩上がりで増える一方。しかし、自動車メーカーにとって、モーターショーはかなりお金のかかる大イベントで、例えばフランクフルトモーターショーで大きなブースを構えるメルセデスベンツは数十億円単位の規模で出展されているらしく、相当大きな出費となります。これはBMWやフォルクスワーゲングループも同じ。しかし、自国開催であれば優遇されても、違う国で行われる場合はアウェーとなり、ブースの場所やプレスコンファレンスの時間など、いろいろなところに不公平が出てくるらしいのです。

 とはいえ開催国にとっても自国の自動車メーカーを優遇したいというのは当然の話。そのため、このところはひとつのエリアでひとつのモーターショーにしか出展しない「1リージェント制」をとっている自動車メーカーが増えています。東京モーターショーもアジア最大の市場である中国に出展するため、東京には出展しないメーカーが出てきているのはそのためです。

【続きを読む】

  • ジュネーブショーが「世界で最後まで開催されるモーターショー」と言われる魅力とは?
  • ジュネーブショーが「世界で最後まで開催されるモーターショー」と言われる魅力とは?
  • ジュネーブショーが「世界で最後まで開催されるモーターショー」と言われる魅力とは?
  • ジュネーブショーが「世界で最後まで開催されるモーターショー」と言われる魅力とは?
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. ジュネーブショーが「世界で最後まで開催されるモーターショー」と言われる魅力とは?