2018.3.10 23:21

黒島結菜、一時芸能界引退を考えていた テスト受けられず「中途半端になるくらいだったら」

黒島結菜、一時芸能界引退を考えていた テスト受けられず「中途半端になるくらいだったら」

黒島結菜

黒島結菜【拡大】

 女優、黒島結菜(20)が9日放送の「アナザースカイ」(金曜後11・00)に出演し、1年ほど前に芸能界をやめようと思っていたことを告白した。母親が応募したオーディションに合格したことをきっかけに芸能界入り。順調にキャリアを積み重ねたが、スケジュールの調整が合わず、学校のテストが受けられなかったことがあったという。

 学業と仕事の両立をきっちりとしようとしていた黒島。番組では「こんだけ頑張ってきたのに、何で学校に行けないんだよって思って」と振り返り、ストレスを溜める毎日を送ることになったという。

 そこで「やるならちゃんとやろうと思っていたので、(学業が)中途半端になるくらいだったら(仕事を)やめて、学校をちゃんと出て仕事をもう一回できる環境を探して、ダメだったら沖縄帰ろうと思った」と考えるようになった。

 それを思いとどまらせたのは両親の言葉だった。父親と母親にそれぞれ相談し、「絶対、結菜の味方だから何かあったらいつでも帰っておいで」と温かい言葉をかけられ、学業と仕事の両立を続けることができたと説明した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 黒島結菜、一時芸能界引退を考えていた テスト受けられず「中途半端になるくらいだったら」