2018.3.9 05:00

【師弟対決一問一答】藤井六段「本当に一手一手難しい将棋…最後までわからなかった」

【師弟対決一問一答】

藤井六段「本当に一手一手難しい将棋…最後までわからなかった」

王将戦の予選で杉本昌隆七段(左)に勝利し感想戦に臨む藤井聡太六段=関西将棋会館(撮影・恵守乾)

王将戦の予選で杉本昌隆七段(左)に勝利し感想戦に臨む藤井聡太六段=関西将棋会館(撮影・恵守乾)【拡大】

 将棋の最年少プロ、中学3年の藤井聡太六段(15)が8日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第68期王将戦1次予選2回戦で、師匠の杉本昌隆七段(49)との公式戦初となる師弟対決を制した。

 --千日手を打開する考えはあったのか

 「そうですね。手詰まりになって打開の模索はしたんですけど、なかなか難しいかなと感じて千日手となりました」

 --指し直し局となったが

 「積極的に来られて、本当に一手一手難しい将棋で、最後までわからなかった」

 --師弟対決はどんな心境だった

 「公式戦で対局できるのは、とても楽しみにしていました。対局中はいつも通りの対局と思っていました。とてもいい経験になったかなと思います」

 --改めて対局を振り返って

 「師匠には奨励会時代からたくさん教えていただいた。こうして公式戦という舞台で対局することができて、本当にうれしく思います。これからも、さらに活躍していかねばという思いです」

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 【師弟対決一問一答】藤井六段「本当に一手一手難しい将棋…最後までわからなかった」