2018.3.8 19:18

緊急提言!中学部活を「地域単位」に 自民党が文科相、鈴木スポーツ庁長官に提出

緊急提言!中学部活を「地域単位」に 自民党が文科相、鈴木スポーツ庁長官に提出

 自民党のスポーツ立国調査会は8日、主に中学校を対象とした「運動部活動の抜本改革に関する緊急提言」を林芳正文部科学相、鈴木大地スポーツ庁長官に提出した。将来的に学校単位の活動から脱却し、地域のスポーツクラブなどを運営主体とする「地域単位」に移行することが柱。少子化で部活動が縮小傾向にあることや、教員の負担の大きさや専門知識不足が課題となっていることを受け、取りまとめた。

 遠藤利明元五輪相は「部活動はこれまで学校の中で完結していたが、このままでいくと運営が難しい」と指摘。一方で、指導に熱心な教員への配慮も必要だとし「学校の枠を超え、地域の子どもたちの面倒を見られるよう、今まで以上に活躍できる態勢が大事。有効に地域スポーツの中で頑張ってもらうシステムをつくっていただきたい」と国に求めた。提言にはスポーツ指導者の国家資格の創設検討も盛り込んだ。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 緊急提言!中学部活を「地域単位」に 自民党が文科相、鈴木スポーツ庁長官に提出