2018.3.5 13:37

キャバクラ経営の女逮捕、無許可営業疑い 警視庁

キャバクラ経営の女逮捕、無許可営業疑い 警視庁

 無許可でキャバクラを営業したとして、警視庁麻布署は5日までに、風営法違反(無許可営業)の疑いで、東京都港区西麻布の会員制キャバクラ「BOLERO ISM」の経営者の女(45)=港区=を現行犯逮捕した。逮捕は2日。

 麻布署によると、容疑者は「政治家や財界の方々など上流階級しか会員になれない」と供述した。麻布署は、2011年11月ごろから営業を開始し、女性従業員が約100人、会員約400人で、年間約2億円を売り上げたとみている。

 逮捕容疑は、3月2日午後10時10分ごろ、西麻布2丁目のビルで、東京都公安委員会の許可を得ずにキャバクラを営んだ疑い。

 警視庁は12~17年にかけ、風営法に基づき、同店の立ち入り調査を4回実施。接待行為や、従業員名簿を備え付けていなかったことを確認し、改善するよう都公安委が行政処分を出していた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. キャバクラ経営の女逮捕、無許可営業疑い 警視庁