2018.3.5 13:36

永作あいり、マネジャー死去を報告「たくさん泣いてあげて」

永作あいり、マネジャー死去を報告「たくさん泣いてあげて」

永作あいり

永作あいり【拡大】

 「恵比寿マスカッツ」のメンバーとして活躍した元グラビアアイドルで歌手、永作あいり(29)が4日夜、ブログを更新し、自身の担当マネジャーが死去したことを明かした。「先日病状をお知らせした坂元マネージャーですが 3月3日朝4時 坂元マネージャーが天国へ旅立ちました」と伝え、「倒れてから1ヶ月 よく頑張ったと思います。思い出して たくさん泣いてあげてください。心配してくれた皆様 本当にありがとうございました」とつづった。

 永作は先月21日、同ブログで「二人三脚で頑張ってきた担当マネージャー 坂元マネージャーが脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血で倒れました。7日から入院をしています」と報告。容体について「意識はありません。現在ICUに入っており、親族と限られた関係者しか面会ができません」とし、「生命力を信じ、帰ってきてくれることを信じるのみです」と1日も早い回復を祈っていた。

 突然の訃報を受け、お笑いコンビ、サンドウィッチマンの伊達みきお(43)は5日に更新したブログで「昨年の、我々サンドウィッチマン単独ライブのエンディングテーマを歌ってくれたアイリちゃん(永作あいりちゃん)のマネージャー・坂元博文さんが亡くなられました。坂元さんは、我々ともそんなに年齢も変わらなくて、昨年の仙台公演の前には一緒に早起きして定義山のあぶらあげを食べに行ったりもしました。以前やっていたラジオ『スクールナイン』でもいっぱいお世話になったし、もっと前の番組からお世話になっていた仕事仲間でした。とても若くして…本当に残念だし、まだ信じられません」とショックを隠せず。

 タレント、古坂大魔王(44)もツイッターで「初めてお仕事したのは千葉テレビの番組。20年くらい前。当時グラビアなどの女の子担当のマネなんて誰も知らなくて、くだらない話もよく話しました。ウチの奥さんもとてもお世話になりまして…悔しいね。でも人はいつか死ぬ…そうでも思わないとやり切れない。坂元さんに…最大の笑顔で…お疲れ様です」と故人をしのんだ。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 永作あいり、マネジャー死去を報告「たくさん泣いてあげて」