2018.3.3 10:38

45歳のアンジャ渡部、ランニングで若々しいパパを目指す!/芸能ショナイ業務話

45歳のアンジャ渡部、ランニングで若々しいパパを目指す!/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
佐々木希の第1子妊娠について、喜びの胸中を初告白した渡部建

佐々木希の第1子妊娠について、喜びの胸中を初告白した渡部建【拡大】

 お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建(45)が2日、パーソナリティーを務めるJ-WAVE「GOLD RUSH」(金曜後4・30)に生出演。昨年4月に結婚した佐々木希(30)の第1子妊娠を喜んだ。今秋誕生予定で「すごくうれしい。でも、周りから脅されるんです。『この年齢(45歳)からの子供は大変だぞ』とか…。ジジイ扱いしてくる」と苦笑。「でも、今はここ数年でも一番、体の調子がいいので頑張りたい。2人で大事に育んでいきたい」と決意を語った。

 体調維持の秘密は2016年11月から始めたランニングだ。渡部は今年1月21日に開催されたサンスポ千葉マリンマラソンに出場。ハーフマラソン(21・0975キロ)を2時間7分30秒で完走し、「コースも走りやすくて、すっごい気持ちよかった。コンディションがよすぎてオーバーペースになってしまった」と体調は万全だった。

 ランニングを始めたきっかけは「今までのように筋トレなどの無酸素運動では体重のコントロールができなくなったから」と体脂肪の燃焼が目的と説明。芸能界きってのグルメで、著書「アンジャッシュ渡部の 大人のための『いい店』選び方の極意」など出版するが、「走り始めてから、メシがさらにおいしくなった」と喜んでいた。

 昨夏には腰痛に見舞われるも、仕事のスケジュールと体調をみながらランニングを地道に継続。完走後は妻の妊娠については言及しなかったが、「とにかく(健康な状態で日常生活を送る)健康寿命を伸ばしたい」と強調していた。

 「ゆくゆくはフルマラソンにも挑戦したい」とも語っていた渡部。今後は愛妻と生まれてくる我が子のためにも、マラソンのタイムと健康寿命の“更新”に期待したい。(MM)

  • 佐々木希が第1子妊娠
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 45歳のアンジャ渡部、ランニングで若々しいパパを目指す!/芸能ショナイ業務話