2018.2.24 18:00

ホンダが高圧水電解型水素製造ステーションを披露 世界初の製造/充填圧力を実現

ホンダが高圧水電解型水素製造ステーションを披露 世界初の製造/充填圧力を実現

ホンダが高圧水電解型水素製造ステーションを披露 世界初の製造/充填圧力を実現

ホンダが高圧水電解型水素製造ステーションを披露 世界初の製造/充填圧力を実現【拡大】

 2016年10月、ホンダは高圧水電解型水素製造ステーションとして世界初となる充填圧力70MPa(メガパスカル)の「70MPa スマート水素ステーション(以下、70MPa SHS)」を東京都江東区青海に設置し、実証実験を開始しています。

 70MPa SHSは、本体の床面積を従来よりもひとまわり小さい約6平方メートルに収めた小型サイズ。同社の独自技術である高圧水電解システムにより、圧縮機を使用せずに製造圧力77MPaの水素を24時間で最大2.5kg製造することができ、製造した水素は約11kg貯蔵可能でした。

 2月28日(水)から3月2日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「FC EXPO 2018~第14回 国際 水素・燃料電池展~」において、ホンダが考える近未来の身近な水素社会が紹介されます。

 水素を「つくる」技術としては、先述した「SHS 70MPa」を展示。ただし、今回の「SHS 70MPa」では高圧水素を製造、貯蔵し、FCVに充填する高圧水電解型水素製造ステーションとして世界初の製造圧力82MPa、充填圧力70MPaを実現するそうです。

 一方、水素を「つかう」技術として、FCVの「CLARITY FUEL CELL」を、「つながる」技術として、V2L(Vehicle to Load)対応可搬型外部給電器「Power Exporter 9000」、V2H(Vehicle to Home)対応DC普通充電器「Power Manager」など、FCVに代表される電動モビリティーから外部給電を可能にする製品も展示。

 ほかにも、「一般社団法人水素供給利用技術協会(HySUT)」のブースで「CLARITY FUEL CELL」と「Power Exporter 9000」を出展。さらに、CLARITY FUEL CELLの試乗会も実施されます。 (塚田勝弘)

  • 「空飛ぶスポーツカー」のHondaJet(ホンダジェット)がカテゴリー・ナンバー1へ
  • 【昭和末期の名車列伝】エンジンは水平対向4気筒の半分! トレンドと真逆の低全高ながら広い室内をも実現したホンダ・トゥデイの独創力
  • 【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第29回・クルマじゃない、アミューズメント・オープン。ホンダ ビート
  • clicccar クリッカー

    • ホンダが高圧水電解型水素製造ステーションを披露世界初の製造/充填圧力を実現
    1. サンスポ
    2. 芸能社会
    3. 社会
    4. ホンダが高圧水電解型水素製造ステーションを披露 世界初の製造/充填圧力を実現