2018.2.18 12:21

安室奈美恵がミニワンピなど8変化でファン魅了 ラストツアー開幕で「騒げ、名古屋!」/芸能ショナイ業務話

安室奈美恵がミニワンピなど8変化でファン魅了 ラストツアー開幕で「騒げ、名古屋!」/芸能ショナイ業務話

特集:
安室奈美恵
芸能ショナイ業務話
安室奈美恵は本番前のリハーサルから全力投球で歌い踊った

安室奈美恵は本番前のリハーサルから全力投球で歌い踊った【拡大】

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を成し遂げた銀盤の貴公子、羽生結弦で日本列島がわいた2月17日、名古屋では地元出身の同種目で初の五輪にして銀メダルを獲得した宇野昌磨と朝日杯オープン戦本戦の準決勝で羽生善治竜王を撃破して初優勝した史上最年少棋士、藤井聡太五段の話題で持ちきりだった。

 中でもひと際、名古屋を活気づけたのは、同日にナゴヤドームで行われた9月16日に引退する国民的歌手、安室奈美恵のラストツアーの開幕だ。昨年9月20日の引退発表後初の単独ライブで、会場は開演前から“奈美恵コール”と手拍子で沸き返り、ボルテージは最高潮に。歌姫がステージに登場するや、一気に興奮のるつぼと化した。

 ファン投票280万超の上位曲を中心に構成し、白いドレスで代表曲「CAN YOU CELEBRATE?」を熱唱したり、「騒げ、名古屋!」とファンをあおり、NHKリオデジャネイロ五輪テーマ曲「Hero」を壮大に歌い上げ、ミニワンピなど8変化でも魅了した。

 ツアーは6月3日の東京ドーム公演まで全国5大ドームで17公演で、ソロアーティスト最高の75万人の動員を予定するも、歌姫の最後の雄姿を見届けようと、チケットは応募510万超とプラチナ化。会場にはチケットが手に入らなかったファンも詰めかけ、グッズ売り場には「通常の5倍以上」(関係者)という長蛇の列ができた。

 安室の魅力は圧巻の歌唱力やダンスを始めとするプロ意識の高さだ。逆境を乗り越えて挑戦していく強い精神力を持ち、容姿や実力はもちろん、育児など私生活に至るまで決して努力を惜しまない。そんな独自スタイルを貫き通す彼女に多くの女子が共感し、憧れる。

 15年来のファンという熊本県在住の主婦(39)は「格好いいし、かわいい。私の人生が安室ちゃんで変わった。感謝しかない」。デビュー当時からのファンという秋田在住の女性会社員(43)は「自分の意志を貫いて子育てもしている。引退しても憧れの存在です」と語った。

 マイクを置くまで7カ月。きっとトークを入れずに歌い踊るライブスタイルも貫き通すに違いない。歌姫が最後の日をどういう形で迎えるのか、羽生の熱演と同様に日本中が注目している。(ちゅん)

  • 安室奈美恵は本番前のリハーサルから全力で歌い踊った
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 安室奈美恵がミニワンピなど8変化でファン魅了 ラストツアー開幕で「騒げ、名古屋!」/芸能ショナイ業務話