2018.2.16 05:00

液体まき逮捕状の男、被害の寺社に示談持ちかけ…寺社側は拒否

液体まき逮捕状の男、被害の寺社に示談持ちかけ…寺社側は拒否

 2015年3月に千葉県の成田山新勝寺(成田市)と香取神宮(香取市)に油のような液体をまいたとして、県警が建造物損壊容疑で逮捕状を取った米国在住の日本国籍の男(55)が昨年7月、両寺社に示談を持ち掛け「処罰を望まない」との念書提出を求めたことが15日、男の代理人弁護士らへの取材で分かった。両寺社は「容疑を認め、本人が謝罪することが先」として応じていない。

 男は米ニューヨーク在住の医師で、キリスト教系宗教団体の創始者を自称している。奈良や京都の寺などでも同様の被害があり、警察は男の関与の有無を捜査している。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 液体まき逮捕状の男、被害の寺社に示談持ちかけ…寺社側は拒否