2018.2.16 11:16(1/2ページ)

19年演じ続ける沢口靖子、恐るべし「科捜研の女」/芸能ショナイ業務話 

19年演じ続ける沢口靖子、恐るべし「科捜研の女」/芸能ショナイ業務話 

特集:
芸能ショナイ業務話
「科捜研の女」放送通算200回を迎え、会見した主演の沢口靖子と内藤剛志。2人で“200”のポーズを作り、喜んだ

「科捜研の女」放送通算200回を迎え、会見した主演の沢口靖子と内藤剛志。2人で“200”のポーズを作り、喜んだ【拡大】

 テレビ朝日系人気ミステリードラマ「科捜研の女」シリーズが3月15日放送で通算200回を迎える。

 1999年10月にスタート以来、現在シーズン17を数え、現行のドラマでは最長寿シリーズとなる。刑事ドラマの代表格「はぐれ刑事純情派」が持つテレ朝の史上最長連ドラ記録シーズン18超えも夢ではなくなった。

 先日、主演の沢口靖子と共演の内藤剛志を取材した。200回の節目を迎え、会見を行った2人の会話から「科捜研の女」がなぜすごいのかがにじみ出てきた。

 沢口は足かけ19年演じ続ける京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医研究員・榊マリコについて「真実を突き止めるまであきらめない姿勢と思考のスピードの速さ、行動力がすごい」と考察。「ちなみに私はおっとりして慎重派」とにこやかに笑うが、薬品名など膨大な科学用語のセリフを覚える沢口の女優力にも脱帽する。スタッフによると、“科捜研の女”として科学で事件の謎を解き明かす説得力を持たせるため、スター女優はセリフを完璧にたたき込むだけでなく、薬品の効果なども日々、疑問があれば勉強しているという。

 ある意味、19年いろんな方法で難事件を解き明かしてきた沢口は「毎シーズン演じるたびに、科学の進化を感じてきました。ドラマの科学捜査は現実より半歩リードしていると思う」と断言。

 「実際、未来にこういう捜査ができれば、もっと犯罪が減ると思いますし、悪いことをしようとする人がドラマを見たときに『これはヤバいな』と感じて、犯罪抑止にもなってるんじゃないかなという思いはありますね」と主人公と一緒に生きてきたからこその実感を語る。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 19年演じ続ける沢口靖子、恐るべし「科捜研の女」/芸能ショナイ業務話