2018.2.15 21:56(1/2ページ)

【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用

【新型レクサス・LS試乗】

静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用

【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用

【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用【拡大】

 トヨタのプレミアムブランド、レクサスのフラッグシップモデルがLSです。日本市場で初代(通算4代目)にあたるLSは2006年に登場。2017年10月に11年振りのフルモデルチェンジを行い2代目LSへと進化しました。

 現行型LSは全長5090mmのスタンダードと全長5210mmのロングの2つの仕様を設定していた先代(後期型の数値)に対して、新プラットフォーム“GA-Lプラットフォーム”を採用。全長5230mmという先代を上回るロングボディの1種類となっています。

 新プラットフォームの採用よって外観のデザインは全長を15mm下げた、低いスタイリングを実現。従来の4ドアセダンとは一線を画すクーペシルエットはフラッグシップの風格とエモーショナルさを両立させるために、6ライトキャビンを採用しています。

 レクサスのアイコンであるスピンドルグリルは新世代の高級車に相応しい美しさと、フラッグシップらしい存在感を表現するために、メッシュパターンを採用。流麗なボディの流れがグリルの中にも感じさせる繊細なメッシュとなっています。サイドグリルはハイブリッド車のLS500hはハニカムメッシュ。LS500は力強さと吸気効率を両立した横バーを採用しています(Fスポーツを除く)。

 後席空間を確保するために6ライトキャビンを採用したサイドビューは、伸びやかなシルエットを実現しています。それを強調するのがフロントからリアまで貫くショルダーライン。風格のある佇まいと走りを予感させる躍動感を表現しています。

 現行型LSは世界トップの空力性能を実現したボディを目指すために、ドアガラスを滑らかな一枚の面にしたフラッシュサーフェスウィンドウを採用。ドアガラスのガラスと窓枠の段差を極限までなくしたフラッシュサーフェスウィンドウなどにより風切り音を低減させるなど静粛性にこだわっています。

【続きを読む】

  • 【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用
  • 【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用
  • 【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用
  • 【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用
  • 【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用
  • 【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用
  • 【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用
  • 【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用
  • 【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用
  • 【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用
  • 【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 【新型レクサス・LS試乗】静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用