2018.2.14 12:00(1/2ページ)

NGT48卒業を前に「女優・北原里英」に出会える映画「サニー/32」/週末エンタメ

NGT48卒業を前に「女優・北原里英」に出会える映画「サニー/32」/週末エンタメ

特集:
週末エンタメ芸能記者コラム
映画「サニー/32」

映画「サニー/32」【拡大】

 NGT48のキャプテンで、今春、グループを卒業する北原里英(26)。卒業後は女優を目指すと公言している彼女が、17日公開の主演映画「サニー/32」でぶっ飛んだ演技を見せている。

 演じたのは、新潟の中学校教師、藤井赤理役。24歳の誕生日に柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)に拉致され、彼らに「サニー」と呼ばれる役どころだ。

 その名は、かつて同級生をカッターナイフで殺害した11歳の少女の通称。事件後に流出した写真で、少女のピースサインが右手は指3本、左手は2本立っていたことから名付けられた。「犯罪史上、最もかわいい殺人犯」とネットなどで神格化。その13年後に赤理は「サニー」として連れ去られ、狂気に満ちた群像劇が展開される。

 アキバ系アイドルのようなドレスを着させられた赤理は、狂信的な信者が金を払って会いに来る“客寄せパンダ”に。ある出来事を機に、拉致実行犯らと立場が逆転してあがめられるのだが、そのきっかけとなる場面で北原が見せた迫真の演技は必見。魂の叫びとともにピエールやリリーらを殴打する姿に、アイドルの面影はない。

 撮影は昨年2月、主に新潟県内で敢行。北原は薄着のドレス姿で雪山を歩くなど、体当たりで熱演した。今月6日の舞台あいさつでは「4回死にかけた」と過酷な撮影を振り返った。

 メガホンを執ったのは「彼女がその名を知らない鳥たち」で今年、ブルーリボン賞の監督賞に輝いた白石和彌監督。脚本は2013年に大ヒットした「凶悪」でタッグを組んだ高橋泉氏が担当した。

【続きを読む】

  • 映画「サニー/32」
  • 映画「サニー/32」
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. NGT48卒業を前に「女優・北原里英」に出会える映画「サニー/32」/週末エンタメ