2018.2.13 05:00

ペンス米副大統領、「圧力は維持」も北と対話の用意

ペンス米副大統領、「圧力は維持」も北と対話の用意

 米紙ワシントン・ポスト電子版は11日(日本時間12日)、ペンス米副大統領が同紙とのインタビューで、北朝鮮が非核化に向けた行動を取るまで米国は「最大限の圧力」を維持する一方、南北対話の進展次第で前提条件なく直接対話を行う用意があるとの見解を示したと報じた。同紙は、北朝鮮が非核化の意志を示すまで対話に応じないとしていたトランプ政権の方針の「重要な転換」と指摘した。

 一方、米国務省当局者は「文大統領の米朝対話への呼び掛けを支持するが、対話は朝鮮半島の非核化を含んだものでなければならない」と述べ、米国の方針に変更がないとの立場を示唆した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. ペンス米副大統領、「圧力は維持」も北と対話の用意