2018.2.12 22:04(1/2ページ)

【昭和末期の名車列伝】三菱・スタリオン北米仕様 大排気量4気筒は超トルクフル!ド迫力のブリスターフェンダーが魅力

【昭和末期の名車列伝】

三菱・スタリオン北米仕様 大排気量4気筒は超トルクフル!ド迫力のブリスターフェンダーが魅力

【昭和末期の名車列伝】三菱・スタリオン北米仕様 大排気量4気筒は超トルクフル!ド迫力のブリスターフェンダーが魅力

【昭和末期の名車列伝】三菱・スタリオン北米仕様 大排気量4気筒は超トルクフル!ド迫力のブリスターフェンダーが魅力【拡大】

 昭和末期から平成初期にかけての名車を紹介するシリーズ企画。今回紹介するのは1982年に三菱から発売されたスタリオンの兄弟車、ダッジ・コンクエストです。

 このモデルは、三菱が輸出した北米仕様スタリオンのOEMモデル。外観の特徴は非常にワイドなブリスターフェンダーにあります。このワイドボディはまず北米仕様が1986年に先行し、国内でも1987年に導入されました。

 ちなみに国内仕様・幅広版はデビューから30年が経過した今も日本で高い人気を誇っています。

 ●主要スペック(日本仕様・GSR-VR)

 全長×全幅×全高:4410×1745×1320mm

 エンジン:G54B型ターボ

 排気量:2555cc

 最高出力:175ps/5000rpm

 最大トルク:32.0kgm/3000rpm

 国内仕様と北米仕様のスタリオン&コンクエストの違いは驚くほど少なく、大雑把に言ってしまうとハンドルの位置とメーターのスピード表記、非格納式ドアミラー程度です。

 このため以下のレポートはダッジ・コンクエストだけでなく三菱スタリオン2600ccエンジン搭載車全般の話としてお読みください。

 三菱スタリオンは1980年代当時の中型セダン、ギャラン・シグマのシャシーにスポーティなボディを与えられて1982年に登場しました(シャシーがセダン系のため、実は後席やラゲッジスペースも狭くないのも美点です)。

 ウェッジシェイプでヴォクシーなスタイルとリトラクタブルヘッドライトは明快な魅力があり、市場に好評を持って迎えられます。

 余談ですがスタリオンはシートベルトがボディではなく、なぜかドア側に装着されていました。

 デビュー当初に搭載していたエンジンは、G63B型2L直列4気筒SOHCターボとNAの二本立てです。

【続きを読む】

  • 【昭和末期の名車列伝】三菱・スタリオン北米仕様大排気量4気筒は超トルクフル!ド迫力のブリスターフェンダーが魅力
  • 【昭和末期の名車列伝】三菱・スタリオン北米仕様大排気量4気筒は超トルクフル!ド迫力のブリスターフェンダーが魅力
  • 【昭和末期の名車列伝】三菱・スタリオン北米仕様大排気量4気筒は超トルクフル!ド迫力のブリスターフェンダーが魅力
  • 【昭和末期の名車列伝】三菱・スタリオン北米仕様大排気量4気筒は超トルクフル!ド迫力のブリスターフェンダーが魅力
  • 【昭和末期の名車列伝】三菱・スタリオン北米仕様大排気量4気筒は超トルクフル!ド迫力のブリスターフェンダーが魅力
  • 【昭和末期の名車列伝】三菱・スタリオン北米仕様大排気量4気筒は超トルクフル!ド迫力のブリスターフェンダーが魅力
  • 【昭和末期の名車列伝】三菱・スタリオン北米仕様大排気量4気筒は超トルクフル!ド迫力のブリスターフェンダーが魅力
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 【昭和末期の名車列伝】三菱・スタリオン北米仕様 大排気量4気筒は超トルクフル!ド迫力のブリスターフェンダーが魅力