2018.2.12 15:21(1/3ページ)

水平対向4気筒の718ボクスターSは「懐かしいボクサーサウンド」がする

水平対向4気筒の718ボクスターSは「懐かしいボクサーサウンド」がする

水平対向4気筒の718ボクスターSは「懐かしいボクサーサウンド」がする

水平対向4気筒の718ボクスターSは「懐かしいボクサーサウンド」がする【拡大】

 エンジンをかけるとバラバラとふぞろいの音が混ざった低いエキゾーストノートがひびきます。

 そこからちょっとアクセルをアオるとバサバサバサ……と、調律されたとは言い難い音を混ぜながら、しかしタコメーターは恐ろしい速さで上下を繰り返すのです。

 クルマは静かであることが第一でフィーリングには興味ないといった方にとっては無関係ですが、このミッドシップオープンカーのエンジンは簡単に言うと”そそり”ます。

 ポルシェ・ボクスターが2012年登場の981型から現行の718型(車名も「718ボクスター」に変更)にバトンタッチしたのは2016年のこと。このとき水平対向6気筒・自然吸気エンジンだったパワーユニットが、水平対向4気筒ターボエンジンに切り替わったことが大きなニュースでした。今回試乗した「ボクスターS」では2.5L、標準の「ボクスター」は2Lとなります。

 外観は981型ボクスターをベースに大幅にリファインしたものです。具体的にはAピラーと電動開閉トップ&ウインドウ、前後のトランクリッド以外はすべて刷新されました。

 例えて言うならNAロードスターからNBに変更された時のようなイメージと言えば分かりやすいでしょうか。マツダのそれではAピラー部分とソフトトップの構造部分は共通のままでモデルチェンジが行われましたから。

 前後のライトはそのカバー形状こそ従来イメージを踏襲していますが、内部を構成するライト部分の印象は大きく変わっています。とりわけテールライトは片側4箇所に光るテールランプや中央を貫く細いブレーキ&ウィンカーが注目です。

 ボクスターといえば911に対しての弟分・ジュニアといったイメージから小さい印象がありますが、全長は4.4mあります。実際に目にするとかなり大柄で華奢な印象はありません。各部の作り込みの良さも合わさって所有満足度は非常に高そうです。

 それでいて全幅は1801mmと、昨今の欧州車基準(例えばメルセデスAクラスの全幅は1780mmあります)と比較すれば細めですから取り回しは良さそうです。

【続きを読む】

  • 水平対向4気筒の718ボクスターSは「懐かしいボクサーサウンド」がする
  • 水平対向4気筒の718ボクスターSは「懐かしいボクサーサウンド」がする
  • 水平対向4気筒の718ボクスターSは「懐かしいボクサーサウンド」がする
  • 水平対向4気筒の718ボクスターSは「懐かしいボクサーサウンド」がする
  • 水平対向4気筒の718ボクスターSは「懐かしいボクサーサウンド」がする
  • 水平対向4気筒の718ボクスターSは「懐かしいボクサーサウンド」がする
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 水平対向4気筒の718ボクスターSは「懐かしいボクサーサウンド」がする