2018.2.11 05:04(2/3ページ)

松田聖子、槇原敬之と初コラボ!名曲「櫻の園」を再編集

松田聖子、槇原敬之と初コラボ!名曲「櫻の園」を再編集

槇原敬之

槇原敬之【拡大】

 天才編曲家と呼ばれた大村氏の名曲で、元祖トップアイドルと希代のヒットメーカーの夢コラボが実現する。

 「SEIKO MEMORIES-」は、1980年の「青い珊瑚礁」、83年の「SWEET MEMORIES」など多くの聖子ソングを手掛け、97年に肺不全で急逝した作・編曲家、大村氏の没後20年にあわせた彼の名曲集。注目はボーナストラックとして収録された「櫻の園」だ。

 同曲は大村氏の死を追悼するような歌詞が印象的な美しくも切ないバラード。もともと作詞家の松本隆氏(68)が大村氏に依頼した楽曲だが、大村氏は作曲した後、編曲を手掛ける前に死去。その後、松本氏が新たに歌詞をしたため、別の編曲家に頼んで聖子に贈った大村氏の遺作ともいえる楽曲だ。

 関係者によると、同曲は収録曲の中で唯一、故人が編曲を手掛けていない作品だったため、ファンへのサプライズも込めて新たな息吹を吹き込んでもらおうと、大村氏を敬愛する槇原に再編曲を依頼。

【続きを読む】

  • 松田聖子「SEIKOMEMORIES~MasaakiOmuraWorks~」のジャケット写真
  • 松田聖子
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 松田聖子、槇原敬之と初コラボ!名曲「櫻の園」を再編集